平成29年分確定申告の医療費控除の提出書類の簡略化についてお知らせです。

平成29年度税制改正で所得税及び個人住民税に係る医療費控除の適用を受ける際の申告手続きが変更となっております。
具体的には領収書の提出の代わりに「医療費控除の明細書」を添付することとなるのですが、医療保険者から交付される医療費通知を添付すると明細の記入を省略することができるようになりました。

詳しくは、国税庁HPを御確認ください。
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/pdf/iryoukoujyo_meisai.pdf

一方で、「医療費通知」の「支払った医療費の額」には、医療保険者が把握している額が記載されるため、小慢などの公費負担医療制度に基づく医療費助成の額(自己負担額の減免)など 医療費を補填するものがある場合は、明細書の「医療費通知に関する事項」の(3)か、医療費通知に追記する必要があります。
この公費負担医療制度に基づく地方公共団体による医療費負担(助成)の額(自己負担額の減免)について、各都道府県等あてに照会があった場合に、適切に対応するよう添付の通知を発出しているとのことです。