米国マウントサイナイ医科大学より、ムコ多糖症動物モデルを用いて、NaPPSのムコ多糖症に対する治療の可能性が提唱されました。(レクメド社引用)

これを受けて岐阜大学とレクメド社が共同で成人のムコ多糖症患者での国内臨床研究を実施し、現在は、小児のムコ多糖症患者での安全性を確認する第Ⅰ、Ⅱ相臨床試験を実施しています。