10月28日、秋山会長と当会役員にて厚生労働省に要望書を提出致しました。
国内企業であるJCRファーマ社が、血液脳関門通過技術の開発に成功され、この技術を応用してムコ多糖症Ⅱ型治療法の早期実用化を目指している情報があり、日本発の革新的医薬品の迅速な実用化、国内早期承認・上市に向けた取組について要望致しました。

この研究開発が一日も早く成功し、国内製薬企業初の治療薬になり、日本発の革新的新薬が世界に先駆けて承認されることを願い、当会も協力させて頂きたいと思います。